定期約款とは?当てはまる例や民法改正における注意点を紹介

カテゴリ:契約

定期約款とは?当てはまる例や民法改正における注意点を紹介

契約にはさまざまな種類があり、一定の取引相手と契約を交わすものから、不特定多数の人と結ぶ契約といったものまで、日常生活のあらゆるところで契約手続きが進められています。

特に多くの人が対象となる契約内容には、定期約款が使用されていることが多く、約款への同意を得ることで、膨大な契約作業を簡略化させることが可能です。

ただし、定期約款について正しい知識を持っていなければ、契約手続きを適切に進められなくなってしまいます。

そこで本記事では、定期約款の概要や注意点について、詳しく説明します。

 

定型約款とは

定期約款を作成する上で、まずは約款に関する知識を身につけておくことが大切です。

ここからは、約款がどのようなものであるか、定期約款に当てはまる例と当てはまらない例について、詳しく説明します。

 

そもそも約款とは?

もともと約款は、契約書に定められている個々の内容のことを言います。

そのため、仕事での取引や日常生活上で行う契約手続きで使用する契約書の条文は、全て約款だと言えるのです。

 

会社や工事などであらかじめ用意された契約内容

時代が進むと、銀行取引は輸送取引、保険関係の取引といった、不特定多数の人との大量の契約手続きを円滑に結ぶために、定型取引を前提としてあらかじめ定められた条文のことを、定型約款と呼ぶようになりました。

現在では、企業間の取引だけでなく、消費者を相手とする契約手続きにも使用されるようになっています。そのため、消費者が安全に契約手続きを進められるよう、消費者保護の観点を持っておくことが大切です。

 

定型約款に当てはまる例

ある特定の人が不特定多数の人に対して、合理的な契約手続きをスムーズに進めるために用いられる定型約款ですが、定型取引だからといって、全ての契約が定期約款に当てはまるわけではありません。

具体的に定型約款に当てはまる契約例はいくつかあり、預金規定や保険約款、旅客運送約款や電気供給約款などが該当します。

 

定型約款に当てはまらない例

定型約款に当てはまる契約もあれば、定型約款に当てはまらない契約もあります。

具体的には、労働契約書や事業者間の個別売買取引、契約当事者同士で作成された契約書の雛形が該当します。

これらの契約は、定型約款として認められる条件である、「不特定多数の契約者に当てはまる契約内容」や「画一的な合理性のある契約内容」に該当していないため、民法に抵触して契約が無効になってしまうのです。

定型約款に当てはまらないにも関わらず、不特定多数の人に同一の約款を用いて契約手続きを進めてしまうと、契約自体が無効なものになってしまいかねません。

そのため、定型約款を作成する場合、そもそも契約内容が定型約款に該当しているのかを確認しておくことが大切です。

 

定型約款を定める上での注意点

定型約款を定める場合、以下の3つの注意点を理解しておく必要があります。

 

1.相手に分かりやすく表示されているか

2.不当条項が含まれていないか

3.約款の変更方法を知っておく

 

これらの注意点を理解しておくことで、適切な定型約款を定められるようになります。また、民法に抵触しないように定期約款を定められているかも、健全な事業運営をするために大切です。

ここからは、定型約款を定める上での注意点について説明します。

 

相手に分かりやすく表示されているか

1つ目は、定型約款が相手に分かりやすく表示されているかどうかです。

たとえ定型約款を定めていたとしても、契約相手が気づかないような場所に重要事項を記載していたり、意図が伝わりにくい表現方法になっていたりすると、契約書として成立しなくなってしまいます。

相手が契約内容を理解した上で手続きを進められるような、契約者目線での約款作成が求められます。

 

不当条項が含まれていないか

2つ目は、不当条項が含まれていないかどうかです。

定型約款は、不特定多数の人に用いられる約款ですが、条文に契約者の利益を害するような内容が記載されていると、民法に抵触してしまい、契約が成立しなくなってしまいます。

 

2-3 約款の変更方法を知っておく

3つ目は、約款の変更方法を知っておくことです。

近年の民法改正によって、約款には利用規約の変更方法について定めることが義務づけられました。そのため、一度契約を締結した後に約款を変更する場合、適切な手順で変更しなければ、法律に抵触してしまう危険性があるのです。

また、定型約款を変更する場合、契約相手の意思を確認しなければならないケースも知っておく必要があります。

変更内容が契約相手の利益になるなど合理的な理由がある場合は、必ずしも通知する必要はありません。しかし、変更内容の効力発生時期が定められている場合などは、適切な手段で契約相手に通知しなければなりません。

 

約款の例文が充実した電子契約書がおすすめ

本記事では、定型約款の概要や注意点について説明しました。

定型約款を定める場合、適切な条項を記載しなければ思わぬトラブルに発展してしまうことがあります。電子契約書を利用すれば、約款の例文をもとに事業内容に合った文章を作成できます。

ここで説明した内容を参考にして、適切な約款を作成できるようになってくださいね。

カテゴリー

  • 電子契約書

  • 契約書

  • 契約

  • 収入印紙

  • クラウド

  • PAGE TOP

    「契約」関連記事一覧