電子契約サービスはどっち?レンタルサーバーとクラウドの違いとは

カテゴリ:クラウド

電子契約サービスはどっち?レンタルサーバーとクラウドの違いとは

電子契約書を取り扱う上で、データ保存のためにサーバー運用サービスの導入を検討する機会もあるのではないかと思います。

しかし、電子契約サービスのサーバー運用にはレンタルサーバーとクラウドの2つがあり、どちらを選ぶべきか迷ってしまうこともあるのではないでしょうか。

その疑問を解消すべく、レンタルサーバーとクラウドの違いや、クラウド型電子契約サービスの選び方について解説いたします。

 

レンタルサーバーとは?

レンタルされたサーバーや、サーバーを貸し出すサービスのことを「レンタルサーバー」と呼びます。まれに「ホスティングサービス」とも呼ばれます。

 

レンタルサーバーの仕組み

レンタルサーバーは、1台のサーバーのCPUやメモリ性能を複数で共有して利用します。

それぞれのスペースは確保されていますが、共有する部分が多いため、他の利用者からの影響を受けやすい特徴があります。設定などを自由に変えることができる専用サーバーを導入することも可能ですが、その場合は運用や設定をユーザー自身が行わなければならず、知識が必要になります。

 

レンタルサーバーのメリット

レンタルサーバーのメリットとして、サーバー運用コストが安い点が挙げられます。

ただし専用サーバーを導入した場合は運用コストが高くなってしまうので注意が必要です。

基本的にはサ-バー運用サービスを提供する企業が全て運用を行ってくれるため、運用コストはほとんどかかりません。

 

レンタルサーバーのデメリット

レンタルサーバーのデメリットとして、設定などのカスタマイズの自由度が極度に低い点が挙げられます。レンタルサーバーは一般的に契約時にプランを決めます。そのプランに沿ったスペックのサービスしか受けることができないため、サーバーのスペックを高くしたい場合はプランを変更する必要があります。その際に手続きの手間や費用が発生してしまいます。

 

クラウドとは?

クラウドとは、インターネット回線を介してブラウザにてサーバー機能を利用できるサービスのことです。他からの影響を受けずにインターネット上で利用できるため、電子契約サービスのサーバー運用はクラウドの方が適しているといえます。

 

クラウドの仕組み

クラウドもレンタルサーバー同様、1台のサーバーを複数人で利用します。

ただしクラウドの場合は、サーバーの中に仮想的なサーバーを複数作成することができます。この仮想サーバーの中でCOUやメモリが作成されるため、レンタルサーバーのように他からの影響を受けることはありません。

 

クラウドのメリット

クラウドのメリットとして、柔軟性に優れている点が挙げられます。

ユーザーが使いやすいように独自にカスタマイズしたり、ソフトウェアサービスなどと連携させたりすることも可能であり、かなり自由度が高いといえます。また、クラウドはサーバーを利用した分だけ料金が発生するシステムなので、サーバーを新たに構築する場合と違い、導入コストが必要ありません。スペックに関しても柔軟に変更することが可能です。また、ほかのユーザーからの影響を受けないのも大きなメリットといえるでしょう。

 

クラウドのデメリット

クラウドのデメリットとして、クラウドサービスを提供している企業の数が多いため、サービスを選ぶ際にどのサービスを選ぶべきか決めにくい点が挙げられます。

サービス内容や、セキュリティ体制は企業によって異なります。

求めるサービス内容と提供されるサービス内容が合致せずに、コストパフォーマンスが格段に下がってしまう可能性も考えられます。そのような事態を避けるためには、用途に合わせて慎重にサービスを選ぶ必要があります。

 

クラウド型電子契約サービスの選び方

先述したように電子契約にはクラウド型のサービスが適しています。

以下ではクラウド型の電子契約サービスの選び方について解説します。

 

料金

サービスを選ぶポイントとして最も重要視すべきポイントが料金です。

基本的にクラウドサービスは、機能を使った分だけ料金が課金されます。そのため、クラウドサービスでどのような機能を使いたいのかを考え、コストパフォーマンスの良いサービスを選べるようにしましょう。

 

特徴

クラウドはサービス提供をしている企業ごとにそれぞれ特徴があります。

用途によっては求めているサービスと特徴が合致しないこともありますので、どのような特徴のクラウドサービスなのかをそれぞれ把握しておく必要があります。

 

セキュリティ

セキュリティ対策が万全であるかどうかに関しても重要なポイントです。

特にインターネットを介して利用するクラウドサーバーは、セキュリティ面での不安が拭えないツールであるため、どのような対策をしているのかしっかりと把握する必要があります。

 

まとめ

電子契約のサーバー運用にはレンタルサーバーとクラウドがありますが、電子契約にはクラウドの方が適しているといえます。クラウド型の電子契約サービスを導入する際は、選び方についてしっかりと把握しておきましょう。

カテゴリー

  • 電子契約書

  • 契約書

  • 契約

  • 収入印紙

  • クラウド

  • PAGE TOP

    「クラウド」関連記事一覧