クラウドを利用する際の注意点とは?

カテゴリ:クラウド

クラウドを利用する際の注意点とは?

近年クラウドサービスの普及は加速し、業務に欠かせないツールになりつつあります。

クラウドの導入を検討中という企業も多いのではないでしょうか。

しかし、クラウドサービスを利用する際にはいくつか注意点が存在するのも事実です。

今回は、そんなクラウドサービスを利用する際の注意点について解説いたします。

 

導入の際の注意点

クラウドの導入を検討している方に注意していただきたいポイントを解説いたします。

 

定着時間

クラウドサービスを導入後、社内での運用が定着する前に「時間がかかる」「効果がない」などの理由から利用を止めてしまうケースがあるようです。

サービスを定着させるためには情報共有や使い方の説明会など、どうしても手間がかかってしまいます。この問題を解決する方法として、クラウドを利用しやすい部署であらかじめ実績を作っておいてから徐々に展開していく「スモールスタート」があります。導入時のコストを抑えられるのでおすすめです。

また、無料で試すことができるサービスを試験的に導入してみるのも有効です。

本格導入へと踏み切る前に検討する時間が生まれ、スムーズな移行が可能になります。

 

ランニングコスト

クラウドサービスは定額の月額制、もしくは使った分だけ支払いが発生する従量制という場合が多く、ランニングコストがかかります。利用料金はサーバーやストレージ、データ転送、セキュリティ対策やデータのバックアップなど、サービスごとにかかる場合が多く、それぞれ毎月請求されます。導入コストがほとんどかからなくても、月々のランニングコストがかかることから導入を止めてしまうケースもあるようです。

 

目的を明確にする

クラウドを導入する目的がはっきりしないまま進めてしまうと、結局使いこなせずに諦めてしまうという事態に陥ってしまいます。何のためにクラウドサービスを利用するのかを明確にしておくことが大切です。

クラウドの導入により業務の効率化やコスト削減、またITの活用で新たなビジネス展開ができるといったメリットがあるため、自社がクラウド導入によってどのような課題をクリアすべきなのか確認しておきましょう。

 

データ保存についての注意点

クラウドにデータを保存する際に気を付けておきたい注意点を解説いたします。

 

オフラインでは使えない

クラウドサービスは端末を選ばずにどこでも利用できるという点がメリットですが、インターネットに繋がっていないオフライン状態では使えないため注意が必要です。

外出中でもWi-Fiなどでインターネットに接続できれば利用可能になりますが、オフライン環境で使用する機会が多いのであれば、ローカルファイルと連携することでオフラインでも利用することのできるサービスを選択したり、常にインターネットに繋がるようITインフラを整えたりすることが必要になります。

 

ファイル共有スペースがカスタマイズできない

オンプレミスは企業が独自にインフラを整備するためカスタマイズが可能ですが、クラウドはできません。

ファイル共有スペースを社内に構築した場合はニーズに合わせてカスタマイズできますが、基本的にクラウドはサービス提供事業者が管理しているため、カスタマイズできず自社の要望と合致させるのは難しいでしょう。

 

もしもの時のためにバックアップをする

クラウドに保存してあるデータが何らかの理由で損失してしまうということはあり得ます。

クラウドの運用や管理はサービス提供事業者に依存しているため、体制によってはデータを損失するリスクが高くなってしまいます。リスクを回避するためには事前にサービス内容や体制を確認し、独自にバックアップをしておくことも有効です。

 

セキュリティ面での注意点

クラウドを導入する際にセキュリティ面が心配という方も多いのではないでしょうか。

セキュリティ対策として注意しておくべきポイントを解説いたします。

 

アクセス権限

クラウドサービスは、インターネットを経由してどこからでもアクセスできる利点がある一方で、セキュリティ対策が施されていない端末ではアクセスしないほうがいいのではという声もあるようです。しかし、クラウドサービスにアクセスする際に権限のあるIPアドレスのみ許可される仕様にすることで、端末ごとにアクセスを制御することが可能です。

 

ファイルの暗号化

クラウドのセキュリティに不安がある場合、ツールを活用してファイルを暗号化するという手段があります。見られたくないファイルを暗号化し、暗号化キーがなければ開くことができないという仕様にすることができます。

 

ログイン方法

クラウドサービスを利用する際、ほとんどの場合ログインIDとパスワードを使用します。

複数のサービスを利用している場合、パスワードを使い回してしまうことや、第三者によって不正アクセスされてしまう危険性があるため注意しましょう。

定期的なパスワード変更やワンタイムパスワードの利用といったセキュリティ対策が必要です。

 

自身の対策だけでは防げないことも

自社で利用する際、クラウドサービスのセキュリティ対策を行っていてもサービス提供事業者がサイバー攻撃を受ける場合があります。事業者の規模に関わらずこういったリスクは十分に考えられるため「大手だから安心」というわけではありません。

 

まとめ

クラウドサービスは目的を明確にし、ランニングコストを確認した上で導入を検討することが大切です。すぐには定着しないかもしれませんが、多くのメリットがあるため諦めずに使い続けることが大切です。セキュリティ対策を万全に、事業者のサービス内容をしっかり確認してから導入することをおすすめします。

カテゴリー

  • 電子契約書

  • 契約書

  • 契約

  • 収入印紙

  • クラウド

  • PAGE TOP

    「クラウド」関連記事一覧