NASとクラウドはどう違う?それぞれのメリットを解説

カテゴリ:クラウド

NASとクラウドはどう違う?それぞれのメリットを解説

データ保管について考えた時に、NASの利用を検討したことがあるという方もいらっしゃると思います。

同じデータ保管ツールであるクラウドストレージと比較した際、メリットや違いについてよく分からないと思いませんでしたか。

そこで今回はNASとクラウドの違いや、各々のメリットについて解説いたします。

 

NASとは

NASとはなにか、クラウドストレージと比較しながら解説いたします。

 

NASとは

NASとは、外付けHDDのようにPCに接続するものと異なり、自宅や職場にあるインターネット回線に直接つなぐことで使用できるHDDのことを指します。

同一ネットワークを利用することでPCを介さずデバイスからデータにアクセスしたり、複数のデバイスでデータを共有したりといったことができます。NASの一種にパーソナルクラウドストレージも含まれます。

NASの特徴として、複数のHDDを内蔵していることやユーザー管理機能が搭載されていることにより、テラバイト単位の大量データでも適切に管理することができます。

 

クラウドストレージとの違い

クラウドストレージはネットワークを利用してデータを保存することができるという点で似ていますが、異なるものです。

クラウドストレージは事業者の保有するディスクスペースをインターネット経由で借り、保存するオンラインのサービスです。一方NASは、導入コストはかかるものの、利用料がかからずメンテナンス不要で、手元でデータを管理できるため流出リスクが低いという特徴があります。

 

NASのメリット

NASを利用してデータを保存するメリットをご紹介いたします。

 

社内データ共有のしやすさ

NASは同一のネットワークを使用しているPCやスマートフォンであれば同時にアクセス可能なため、社内でデータ共有がしやすいというのが大きなメリットです。一つのファイルを複数人で閲覧・編集したいという場合でも外付けHDDに比べて効率的に行うことができます。

 

バックアップ先としても利用できる

NASは複数のHDDを内蔵しているため1つのHDDが故障しても、もう一方からデータを復元することが可能です。自社のハードディスクでバックアップを取ることによって大切なデータを守ることに繋がります。また、社内で1つのHDDを使用することで容量をシェアしながら使用することができます。

 

アクセス制限を詳細設定できる

NASは、保存・共有されたファイルを開く際にアクセス制限を細かく設定することができます。社内で利用する際には、部署や個人ごとにアクセス制限を設定することで、他部署では閲覧できない専用のファイルを作成することができます。適正にアクセス制限を設定することによって、NASでファイルを共有しても勝手に編集されることや不正アクセスを防ぐことができます。

 

クラウドのメリット

次にクラウドのメリットをご紹介します。

 

社外からでもアクセスできる

インターネット環境が整っていれば社外からもアクセスできるのがクラウドストレージの大きなメリットです。NASは社内の複数人が同時にアクセス可能ですが、クラウドはいつでもどこでも端末を選ばずにファイルの閲覧や編集が可能なため、外回りなど社外で業務を行うことが多い企業にはおすすめです。

 

データセンターによる管理

クラウドストレージの特徴は、必要な機器は全てサービス提供事業者が管理するためメンテナンスなどの運用管理が不要なことです。何かトラブルが起きても自社で対処する必要がなく、専門知識を持つ担当者を配置しておく必要もありません。

 

コスト削減

クラウドストレージを導入するメリットとして、導入コストを抑えることができるのは大きなメリットです。利用料金も、月額制または利用した分だけ料金を支払う従量制が一般的で、メンテナンスやアップデートの必要もないためコスト削減に繋がります。データ保管ツールの導入を検討している方は、まずクラウドのお試しサービスなどを利用してから本格的にどのサービスが自社に適切なのか考えてみるのもいいかもしれません。

 

クラウドストレージとNASは併用可能

NASとクラウドストレージはどちらもネットワークを使用してデータ保存を行うものです。

データを第三者に預けるのに不安を感じる、手元で管理したいという方はNAS、アクセス性を重視したいという方はクラウドストレージをおすすめします。

それぞれメリット・デメリットが異なるため、保存したいデータに応じて使い分けたり併用するという方法もあります。

 

まとめ

NASは複数のHDDを内蔵しているため容量が大きく、バックアップ先として有効に活用することができます。一方クラウドストレージは導入コストを抑え、管理の必要がないため手軽に利用を開始できます。どちらも社内共有の点で優れていますが、社外から利用するシーンが多いのであればクラウドサービスがおすすめです。

NASとクラウドストレージはそれぞれに異なるメリットを持つため、どちらが自社に合うのかを十分検討した上で導入しましょう。

カテゴリー

  • 電子契約書

  • 契約書

  • 契約

  • 収入印紙

  • クラウド

  • PAGE TOP

    「クラウド」関連記事一覧