クラウドはなぜ注目されている?普及した背景についても解説

カテゴリ:クラウド

クラウドはなぜ注目されている?普及した背景についても解説

近年、クラウドは企業の日常業務に欠かせないものになっています。

このようにクラウドが普及した背景についてはあまり触れられていません。

なぜ注目され、どのように普及したのかについて知っておくことで、よりクラウドの機能を使いこなすことに繋がるかもしれません。

今回はクラウドが注目される理由と、普及した背景について解説いたします。

 

クラウドが普及した背景

まずはじめに、クラウドが普及した背景を説明いたします。

 

技術の発展

クラウドは、インターネット技術の発展により広く普及するようになったといえます。

IoTなどのデジタルフォーメーションにより、幅広く情報を得ることができる社会になりました。情報収集や情報分析の他にも販売戦略や商品開発、マーケティングなどの一連の企業活動をクラウドにて一元化することができるようになり、利用者の数は増えていきました。

 

使い勝手の良さ

クラウドが普及した背景には使い勝手の良さが挙げられます。導入のための準備がほぼ必要がなく、複数人のユーザーで同時に共有作業ができるため、日常業務において非常に使い勝手の良いシステムです。運用もクラウドサービス提供事業者が行うため、手間がかからない点も使い勝手の良さを感じることができるポイントです。

 

ビジネススタイルの変化

近年はビジネススタイルが大きく変化しています。

企業では常に新しいサービスや製品の提供が求められ、ビジネスの速度は加速しています。そのため、商品開発のサイクルも当然ながら短くなります。クラウドは状況に合わせて規模の縮小、増大が可能なため、特にWeb系のサービスにおいて需要が高まったのです。

 

クラウドが注目される背景

なぜクラウドは注目されるようになったのでしょうか。次に、クラウドが注目されるようになった背景を説明いたします。

 

働き方の多様化

クラウドサービスは、リモートワークや在宅勤務など働き方の多様化を実現するためには欠かせないシステムであるといえます。

社内のネットワークに対してインターネット回線からアクセスできるため、インターネット環境が整っている場所ならばいつでもネットワークにアクセスすることができます。データへのアクセス権限を制限するなどの情報漏えいや不正アクセスに対するセキュリティへのリスク対策を行うことも可能になります。

 

BCP対策

BCP対策とは、企業が地震などの自然災害により損害を受けた場合に、優先的に継続すべき事業をスムーズに再開できるように環境を整えることを指します。

クラウドサービスでは、データを保存するサーバーは遠隔地のデータセンターに設置されるため、災害時でも必要な時にクラウドにアクセスをすることができます。自社がダメージを受けてもデータセンターが災害を受けている可能性は低いため、スムーズに事業を再開することが可能になります。

 

料金モデル

クラウドサービスでは、データストレージのサーバーを占有したり所有したりせず、あくまでも利用する形をとるため、利用状況によって支払う料金が変動します。

閑散期などに余分な料金を支払う必要がなく、また繁忙期にはストレージの容量を増やしたりして対応することも可能です。これはクラウドサービスならではの料金体系であるといえます。

 

クラウドの種類と効果

最後に、クラウドの種類と効果について説明いたします。

 

IaaS(インフラストラクチャ・アズ・ア・サービス)

OSやサーバーの性能を、インターネットを介して利用できるクラウドサービスです。

IaaS上でサーバーの選定やOS、メモリ容量などのシステムを自由に構築して、自社に都合の良いサーバーアプリケーションを実行する環境を構築することができます。ほかにも、既存のシステムをIaaSへ移行することも可能です。そのためコンピューターリソースの拡張や縮小が自由にできます。自由度が高い分、専門知識が必要になります。

 

PaaS(プラットフォーム・アズ・ア・サービス)

インターネットを介して、IaaSで提供される部分に加えてアプリケーションを作動させるためのハードウェアやOSなどの一式までを揃えることができるクラウドサービスです。

システムの開発環境を構築する手間がかからず、手軽に環境基盤を調達することができます。使用するアプリケーションのOSを、プログラムなどでカスタマイズする場合などに適しています。最適な形で設計を行う場合は高い専門知識が必要になります。

 

SaaS(ソフトウェア・アズ・ア・サービス)

インターネットを介して利用できるクラウドサービスです。

パソコンやサーバーに入れて使用するソフトウェアをブラウザなどから利用できるため、ソフトウェアを購入したりインストールしたりする必要がありません。カスタマイズの自由度はあまり高くなく、その分複雑な設計は必要ありません。

 

まとめ

クラウドサービスはその利便性や効果によって今後さらに注目・普及していくと予想されます。普及の背景を把握しておくことで、現在のビジネスにおける課題解決に向けてどのような策を講じるべきかが判明する場合もあります。

特に、クラウドサービスは業務の効率化や働き方の多様化について効果を発揮するツールであるといえます。

課題解決に向けて導入を検討してみると有効な一手になると予想できるでしょう。

カテゴリー

  • 電子契約書

  • 契約書

  • 契約

  • 収入印紙

  • クラウド

  • PAGE TOP

    「クラウド」関連記事一覧