不備のない請負契約書を作成する雛形の注意点って?徹底解説

カテゴリ:契約書

不備のない請負契約書を作成する雛形の注意点って?徹底解説

雛形を使えば、決まった書き方の書類を簡単に作成することが可能です。

業務上の契約書作成の場合にも頻繁に使われています。雛形は書類の作成時間を大幅に短縮してくれるツールですが、使い方を間違えると適切な書類を作成できません。

この記事では、「雛形ってそのまま利用すればいいの?」「雛形を使う際の注意点は?」といった、請負契約書の雛形を使う際の注意点を紹介します。

不備のない請負契約書を作成するための参考になるかと思いますので、ぜひご一読ください。

 

請負契約書とは?

業務委託(請負契約・委任契約)の一種である請負契約。言葉は聞いたことがあるけれど、よく分からない方もいるかと思います。ここでは請負契約書について紹介します。

 

請負契約を結ぶ時に作成する書類

請負契約書とは、請負契約を結ぶ際に作成する書類のことです。

請負契約は、業務の成果に対し責任を負う契約で、比較的責任が重い契約と言えます。委託側と受託側で請負契約の内容の認識に齟齬が生じないよう交わす書類です。

成果の完成を約束しているため、業務に関して基本的に口を挟むことはできません。

 

請負契約は成果に対し責任が発生する

請負契約は成果に対し責任が発生します。成果物に不備やミスがあった場合は、成果物の修正などをしなければいけません。また最悪の場合、損害賠償を支払わなければいけないケースもあります。

一方、委任契約と呼ばれる契約は、作業を遂行することに対し責任が発生します。請負契約と委任契約はよく交わされる契約のため、覚えておいて損はないでしょう。

 

人や状況で書類内容が大きく異なる

請負契約は、人や状況によって書類内容が大きく異なります。それは業務の成果に対し責任が発生する契約で、成果が契約者によって大きく変わるためです。

「請負契約書 雛形」と調べると多くの雛形が見つかるかと思いますが、そのまま雛形通りに書類を作成すれば不備が絶えません。請負契約には業務内容や報酬、業務期間など契約者ごとに異なる情報を盛り込まなければいけないのです。

 

請負契約書の雛形を利用するメリット

請負契約書の雛形を利用すると契約書作成の時間を大幅に短縮してくれます。雛形を利用することで多くのメリットが得られるためです。ここでは雛形のメリットを2つ見ていきましょう。

 

必要な項目や文言が入っている

メリット1つ目は、請負契約に用いる雛形には、契約に必要な項目や文言が事前に入っていることです。雛形というだけあって最低限必要な内容や項目は網羅されています。一から書類を作成する必要がなく、作業効率をUPさせてくれます。

 

ワードやエクセルなど無料の雛形も豊富

メリット2つ目は、ワードやエクセルなど無料の雛形が豊富なことです。ワードやエクセルの雛形があれば、紙媒体として印刷もできますし、PDFにして電子媒体として扱うこともできます。

また、各契約に合わせた契約内容への加筆修正も簡単にできるため、汎用性が高くなっています。仕事上普段から使い慣れているワードやエクセルに対応しているという点は、契約する双方にとっても使いやすい理由といえます。

 

請負契約書の雛形を使う際の注意点

請負契約を作成する際は、多くの恩恵を受けられるため、雛形を使うことが多いかと思います。

しかし、雛形をそのまま使ってしまうと不備のある契約書になってしまう可能性が非常に高くなるということも覚えておかなければなりません。

ここでは、請負契約書を雛形を使って作成する際の注意点を紹介します。

 

契約書に漏れがないか確認する

注意点1つ目は、契約書の内容に漏れがないか確認することです。請負契約の内容は、契約を交わす相手や契約内容、状況によって大きく異なります。そのため重要な内容は人によって違い、雛形に記載されていない情報が必要になる場合もあります。

また、その雛形自体に漏れがある可能性も少なくありません。漏れがあると後ほどトラブルに発展することもあるので、しっかりと確認するようにしましょう。

 

第三者にも伝わる言葉で記載されているか

注意点2つ目は、第三者にも伝わる言葉で記載することです。万が一、委託側と受託側でトラブルが発生したとき、契約書の内容を裁判官などに判断される場合があるためです。

専門用語や契約者間同士でしか理解できない単語などが多用されると、第三者が内容を理解することが難しくなってしまいます。一般的な言葉で分かりやすく記載するよう気をつけましょう。

 

不備のない請負契約書を作成しよう

請負契約書の雛形を使う際の注意点を紹介しました。請負契約書は業務の成果に対し、責任が発生する契約についてまとめた契約書のことです。

しかし、契約者や状況により内容が異なるので、雛形をそのまま流用することは得策とは言えません。請負契約書を作成する際は、以下の2つに注意しましょう。

 

・契約に漏れがないか

・第三者に伝わる言葉が記載してあるか

 

上記2点を心がけ、不備の無い請負契約書を作成して下さい。電子契約ならコストや工数を削減でき、契約書作成に感じる不便さを解決できるかと思います。一度、電子契約を検討してみてはいかがでしょうか。

カテゴリー

  • 電子契約書

  • 契約書

  • 契約

  • 収入印紙

  • クラウド

  • PAGE TOP

    「契約書」関連記事一覧