契約書のリーガルチェックのメリットと費用相場

カテゴリ:契約書

契約書のリーガルチェックのメリットと費用相場

仕事において取引先の相手と契約書を交わすことは多いです。契約書は、様々な種類がありますが作成すること自体はさほど難しくありません。しかし、その内容が正しいのかは一般人には分かりかねます。そのため、契約書のリーガルチェックを行う必要が出てきます。これからリーガルチェックがおすすめな理由やメリット、費用相場を紹介するので、ぜひ参考にしてください。

 

契約書のリーガルとは

契約書を作成する際には、あらかじめ作成してある書類などをインターネットで参考にして作成する場合が多いです。しかし、インターネットに載っている内容が全ての契約書に当てはまるとは限りません。契約書を作成した際に欠落があったり、自分たちにとって不利な条件があったりする場合があります。細かい法律は専門家でなければ分からないため、弁護士などに見てもらうようにしましょう。

リーガルチェックが可能な契約書の種類

リーガルチェックが行える契約書の種類について紹介します。契約書の種類によって必要な知識や形式が異なるので、あらかじめどれぐらいの費用がかかるのかも確認しておくとよいでしょう。

契約書の例としては、取引基本契約書、秘密保持契約書、業務委託契約書、雇用契約書、顧問契約書、賃貸借契約書、システム契約書などがあります。

違法性や不利な契約条件などを排除・修正してもらえる

リーガルチェックを行う上で、契約書に不利な契約条件がある場合や法律的に良くない条約がある場合は排除・修正してもらえます。また、後でトラブルの元になりそうな曖昧な設定も排除・修正してもらえるので安心できます。

アドバイス、作成、顧問契約の3種類がある

契約書によってリーガルチェックにかかる時間や手間、費用はそれぞれ違います。リーガルチェックの種類は、大きく次の3つあります。1つ目は、契約書のアドバイスなどを含むチェックで、シンプルなものから複雑な契約書まで見てもらえます。ただし、追加で経費が発生することもありますので、注意が必要です。2つ目は、契約書を自分たちの代わりに作成してもらうことです。契約書の作成もシンプルなのものは安く、複雑なものは高額です。最後は顧問契約です。専門家を顧問として契約している場合は、契約書の作成やアドバイスなど全ての業務を遂行してもらえるので便利です。顧問契約をしているといつでもリーガルチェックが行えて便利です。

 

契約書のリーガルチェックのおすすめポイント

リーガルチェックには、どのような良い点があるのかを紹介します。

トラブルを未然に防げる

契約書に曖昧な表現があったり、当事者同士で意見が一致しないままうやむやにしておいたりすると、後で大きなトラブルに繋がることがあります。また、法律的に良くない契約がある場合も後でトラブルに繋がりかねないので、注意が必要です。法律的に何が良く、双方が納得できる契約はどのような契約なのかは、専門家に任せることで明確に決められるのでおすすめです。

有効性が高まり、不利な契約にならない

契約書に説得力がないと有限性が少なく、違反が起こる可能性も否めません。法律のプロにチェックしてもらうことで有限性が高まり、お互いに契約を尊厳しようとする意思が働きます。また、契約書を作成する上で、知らないうちに不利な条件を設定している場合があり、不利な条件を見落としたまま契約を結んでしまうと、後で大きな損失に繋がる可能性もあります。そのため、一度リーガルチェックを行えば不利な項目を削除できるのでおすすめです。

 

契約書のリーガルチェックの費用相場

最後にリーガルチェックを行う際にどれぐらいの費用がかかるのかを紹介します。もちろん、具体的な費用は事務所ごとや契約書ごとでも違います。これから平均的にどれぐらいかかるのかを紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

内容がシンプルで典型的な契約書

契約書の内容がシンプルな場合は大体3万〜5万円と数万円で見てもらえることが多いです。また、シンプル内容でも多少の工夫が必要な契約書は、5万〜10万円くらいかかるでしょう。

複雑な内容の非典型的な契約書

契約の内容が難しくて複雑な場合は、10万〜20万円の費用がかかることが多いです。また、複雑な内容の契約書を作成してもらう場合は、もっとかかります。さらに、アドバイスに加えて修正したりする場合は、追加で金額が発生するのであらかじめ確認しておきましょう。修正対応は修正を行った後に一度確認してくれるので、リーガルチェックを行う弁護士と何度かやり取りする必要があります。数回のやりとりで追加料金が発生することはほとんどないですが、事務所によって規定が違うので注意しましょう。また、弁護士と顧問契約を結ぶ場合は月額制になっており、大体月3万〜5万円で結ぶことが多いです。

 

リーガルチェックでリスクを減らそう

リーガルチェックは、契約書の不利な内容や法律的に問題のある内容を排除できるのでおすすめです。リーガルチェックをする上で費用はかかりますが、その分契約書の有限性が高まるので、トラブルが減ったり契約の尊厳性が高まったりするなどのメリットもあります。ここではリーガルチェックについて詳しく解説しましたので、ぜひ参考にしてみてください。

カテゴリー

  • 電子契約書

  • 契約書

  • 契約

  • 収入印紙

  • クラウド

  • PAGE TOP

    「契約書」関連記事一覧