紙の契約書を用意する際にこんなお悩みはありませんか?

 

そのお悩みGreat Signが解決いたします!

 
 
 

無料で始めてみる

電子契約書の作成方法

01

契約書の作成

電子署名とタイムスタンプを生成し、契約書を完成させて取引先にメールで送付します。

 

02

取引先が確認

取引先は送付された電子契約書で契約内容を確認します。問題なければ同様に電子署名とタイムスタンプを生成し承諾、返送します。

 

03

契約書の締結

両社の電子署名が確認できたら契約締結です。両社がそれぞれデータを保管します。

 

以上で契約作業は完了です。

グレートサインなら簡単3ステップで契約作業を完了することができます。

料金プラン

Free Plan
月額固定費用 0円
契約書締結ごとの費用 0円
ユーザー数 1名まで
契約書 送信件数 計10件まで
国際基準準拠PDF対応
AATL対応 LTV対応
3者間以上の契約
ダウンロード期限 無制限
データサイズ(1ファイル) 10MB
合計データサイズ(1締結) 50MB
カスタマーサポート
既存契約書の取り込み
IP制限機能
本人確認
Light Plan
月額固定費用 7,800円
契約書締結ごとの費用 150円
ユーザー数 無制限
契約書 送信件数 無制限
国際基準準拠PDF対応
AATL対応 LTV対応
3者間以上の契約
ダウンロード期限 無期限
データサイズ(1ファイル) 25MB
合計データサイズ(1締結) 100MB
カスタマーサポート
既存契約書の取り込み ※別途費用
IP制限機能 ※別途費用
本人確認
Great Plan
月額固定費用 9,800円~
契約書締結ごとの費用 180円
ユーザー数 無制限
契約書 送信件数 無制限
国際基準準拠PDF対応
AATL対応 LTV対応
3者間以上の契約
ダウンロード期限 無期限
データサイズ(1ファイル) 25MB
合計データサイズ(1締結) 100MB
カスタマーサポート
既存契約書の取り込み ※別途費用
IP制限機能 ※別途費用
本人確認

安心のセキュリティ

電子署名

印鑑の代わりに電子署名を使うことで電子契約書を暗号化します。さらに、事前に届け出をして使用する電子署名を付与することで、第三者による不正行為を防ぐことができます。

タイムスタンプ

タイムスタンプが付与されることで、その時刻に文書が存在していたことと、その時刻以降に文書が改ざんされていないことの2点を証明することができます。

厳重なセキュリティ機能

電子契約システムはデータの流出やサイバー攻撃などのリスクが生じます。リスクがゼロになることはありませんが、大切な契約書を最大限守れるように厳重なセキュリティ体制を整えています。

充実した機能

選べる3つのプラン
Great Signにはフリープラン、ライトプラン、グレートプランの3つのプランがあります。ダウンロードの制限、データサイズの大きさ、カスタマーサポート、契約書締結ごとの費用など様々な違いがあり、ご自身に合ったプランをお選びいただけます。

オンライン上で全て完結
Great Signは契約書締結業務をオンライン上の管理画面を介して全て完結させることができます。管理もクラウド上で出来るため検索や共有がしやすく、作業効率が非常に良くなります。

LTV(長期検証)
通常電子署名やタイムスタンプの有効期限は10年ほどで、失効後は署名を検証できなくなります。当社のシステムではLTV(長期検証)を導入しており、全てのご契約プランでタイムスタンプが自動的に更新されますので、10年を超える契約でも検証が可能な電子契約を実現しています。

ハイコストパフォーマンス
フリープランからLTVが付与され、正式な書類として保存いただけます。通常、契約書の送信ごとに課金される電子契約サービスが多いところ、Great Signでは締結が完了した分だけ費用がかかります。

導入ハードルが低い
自社でシステムを構築するよりも簡単ですぐに導入でき、社内トレーニングも短時間で済みます。相手先様はGreat Signに加入いただく必要はありません。お知らせメールからアクセスし、署名、締結できます。

分かりやすいユーザー画面
機能が多すぎたり、操作が複雑だと使いにくく、余計な時間を費やしてしまいます。当社ではユーザー様の声を参考にシンプルで分かりやすい画面構成に致しました。

 

よくある質問

  • Great Signからのメールはinfo@greatsign.comより届きます。

    ご利用のメールソフトによっては、迷惑メールフォルダに届いている可能性がありますので、そちらをご確認ください。

    それでもメールが見つからない場合、以下のチェック項目をご確認ください。

    1. 受信者のメールアドレスをご確認ください。
    2. Gmailの場合、別のカテゴリ(ソーシャル、プロモーション、新着、フォーラム)へ分類されている可能性がありますので、そちらをご確認ください。
    3. 「承認者必須設定」を適切な方に設定しているかご確認ください。【最高管理者権限】

     

  • まず、Adobe Acrobat Readerが最新バージョンになっていることをご確認ください。

    Acrobat Readerのヘルプメニュー内の「アップデートの有無をチェック」で確認できます。最新版のダウンロードはこちら

    以降の操作はお使いの端末によって変わりますので、下記をご確認ください。

     

    Windowsの場合

    Macの場合

     

    ①「お使いの機種がWindowsの場合」

     

    問題のPDFファイルをアドビリーダーを開きます。

    「ファイル」をクリックして、「印刷」をクリックします。

     

     

    印刷のメニューの中で「プリンター」欄でMicrosoft Print to PDFを選択して印刷します。

     

     

    再度PDF化されたファイルに名前を付け、分かりやすい場所に保存します。

    これで締結できるPDFファイルになります。

     

    ②「お使いの機種がMacの場合」

     

    問題のPDFファイルを右クリックで、「このアプリケーションで開く」をクリックし、「プレビューで開く」を選択します。

     

     

    「ファイル」メニュー内の「PDFとして書き出す」を選択します。

     

     

    再度PDF化されたファイルに名前を付け、分かりやすい場所に保存します。

     

    これで締結できるPDFファイルになります。

     

     

よくある質問一覧 >

  • 最新コラム

  • コラム記事一覧 >