情報セキュリティ基本方針


株式会社TREASURY(以下「当社」といいます。)は、当社とつながりのあるすべての人たちのために変化する経済環境に対応し、安心できる未来を提供することを企業理念として活動しています。

この理念実現のために、情報セキュリティに関する企業モラルを堅持し、お客様からお預かりする情報資産並びに当社の経営資源としての情報資産をあらゆる脅威から保護することが重要な課題となります。

当社は情報セキュリティマネジメントシステムを確立し、継続的な改善を行うことによりこの課題を解消し、セキュリティ基盤をより強固なものとするために「情報セキュリティ基本方針」を定め、推進致します。

適用範囲

Great Signの開発、運営、保守の提供。

各種法令等の遵守

情報セキュリティに関する法令、その他の規範、ガイドライン及び契約上のセキュリティ要求事項を遵守致します。

情報資産の保護

保有する全ての情報資産の機密性、完全性及び可用性を維持するために、脅威及び脆弱性の識別、リスクの特定を実施し対策を行います。

教育・訓練の実施

役員及び従業員に対し必要な情報セキュリティ教育を実施し、本方針並びに各種規程の周知徹底とリテラシーの向上を進めます。

事故発生時の対策

情報資産の漏洩、紛失、毀損、不正利用等の情報セキュリティ事故の未然防止に努めていますが、万が一、事故が発生した場合には、被害を最小限に留めるとともに、速やかに必要な情報を開示し、再発防止策を含む適切な対策を講じます。

環境変化への対応

事業領域や取扱う情報資産、情報通信技術等の変化に柔軟に対応し、情報セキュリティ管理のルールや仕組みを見直し、継続的な改善に努めます。

2020年1月7日 制定
2020年3月23日 改訂

株式会社TREASURY
代表取締役 山下 誠路

PAGE TOP